LOADING
|

殺陣 / 日本文化体験施設『和家-NAGOMI HOUSE-』

TATE


殺陣、時代劇のチャンバラや特撮ヒーローのアクションシーンを思い描いて頂くのがイメージしやすいかと思います。

侍の所作や刀の扱い方などを学ぶ事で日本武道に通じる『礼』や『強さ』
舞台パフォーマンスの一つとして、舞に通じる足運びや振る舞いの『美しさ』
一つの作品を他者と創り、認め合う事で『思い遣り』『コミュニケーション能力の向上』『自己肯定感のアップ』 
など、学ぶ過程で多岐にわたり多くの成長を得る事ができる芸事です。

お知らせ

TATE INFORMATION

体験レッスン

TRIAL LESSON

殺陣体験

体験レッスンは大人4,000円/子供2,000円

※体験は木刀のみ

殺陣道場

TATE DOJO

道場で学べるもの

抜刀術/槍/薙刀/二刀/小太刀/扇/和傘


 

通常クラス

9,800円

対象:キッズ、ビジネスパーソン、女性、一般(高校生以上)

道場生同士で楽しく立ち回りが習得できます。
相手とコミュニケーションが大切です。
曲に合わせて楽しく殺陣を体感できるクラスです。

各クラスの詳細はこちら→


 

上級クラス

15,000円

通常の『キッズ・ビジネス・女性・一般』の4つのクラスに加えて、ハイレベルな『マニアック』クラスを受けられるコースです。
舞台で喜怒哀楽を表現したりストーリーとして成立する、パフォーマンスとしての表現を身に付けることができます。

※マニアッククラスとは?
プロとしてのマインドやスキルを得られるテクニカルクラスです。
相手の呼吸に合わせながら作品を作り上げることができます。
物語の間や空気感の表現や、作品を成立させるためにやるべき心得や自分や相手の魅せ方を学ぶことが可能です。
・武、舞、演 3つの殺陣のマスター
・細かい技
・身体操作
・立ち回り中のメンタリティー
・殺陣の振り付け方
など、本格的なスキルを習得できます。


 

講師コース

48,000円

全4回:一回二時間
マンツーマン稽古でご予約制です。
上級クラス継続中の方のみ受講可能。


 

!内弟子入門制度あります!

月額0円
※試験あり (面接、実技)
講師クラスを修了された方に限ります。

[業務内容]
アシスタント業務
国内外パフォーマンス出演(案件によりギャランティ有)
スタッフ業務(案件によりギャランティー有)
講師代行(ギャランティー有)


殺陣講師

TATE TEACHER

宗形拓樹(MUNAKATA TATSUKI)

武・舞・演に精通する殺陣師・サムライソードパフォーマー

日本大学芸術学部映画学科へ入学し、映画学科演技コースを専攻。

在学中には殺陣同志会に入会。

殺陣による舞台・ステージ・ツアー等にも参加し、パフォーマンスの基礎を身に着けた。

卒業後、8年間殺陣師に弟子入りし、信頼関係で成り立つ、「目・呼吸・関係性」にこだわった演技を体得、オーディエンスに伝える事を習得する。

29歳で独立しパフォーマンスチームを作成。

日本文化の精神を伝える事を目的に、【武・舞・演】 それぞれを統合・特化させる事ができるハイレベルな幅広い殺陣作品を研究した。

浅草公会堂・函館(五稜郭)・旭川(東川キトウシ森林公園)・根室(ニ・ホ・ロ)のホテルや高齢者施設等でも実演。

中でもツアー会社とのコラボリング企画で、通訳を交えて、ツアー参加外国人に対してインバウンドでの演技提供は好評をえた。

学生への芸術鑑賞体験にも力を入れ、千葉県柏の麗澤大学での学生に向け、演技と殺陣体験を提供。学生に対し日本文化の体験を行った。

さらに、国後島の島民であった祖父よりの縁で、北方四島とロシアとの交流に対する一つのコンテンツとして殺陣披露。

北方四島に住むロシアの方々との文化交流に貢献をした。

各活動を評価され、終戦の日・靖国神社での奉納演舞を行う。

英霊への感謝と、日本の今を考えるきっかけを作った。

現在も武・舞・演すべてを含め、指導・パフォーパンスや、応用力に優れた殺陣師として活動している。

殺陣カレンダー

CALENDAR

和文化体験

JAPANESE CULTURE


お電話でお問い合わせ

03-4500-7140

受付時間: 平日 10:00 - 18:30

メールでお問い合わせ
お問い合わせ

アクセス

ACCESS

Loading
和家-NAGOMI HOUSE-

03-4500-7140

東急東横線「祐天寺駅」から徒歩5分

〒153-0065
東京都目黒区中町2丁目11-15

SNSでフォロー

FOLLOW US

日本文化体験施設『和家-NAGOMI HOUSE-』

日本文化の体験を通して心の豊かさや学びをお伝えします。

© nagomihouse.jp.