LOADING
|

講師の紹介 / 日本文化体験施設『和家-NAGOMI HOUSE-』

TEACHER


日本文化体験施設『和家-NAGOMI HOUSE-』に登録している講師を紹介します。

角田遥奈( TSUNODA HARUNA )

着付け

大切な人と会う時、友人とのお出かけ、美術館、演奏会、お正月や入学式など、きものを着ると背筋が自然とピンと伸び、見慣れた街並みがいつもより煌めいて見えるものです。

着物は自分の魅力をさらに引き出してくれ、頑張りどきや大切なシーンで自信を与えてくれます。

袖を通すと背筋が自然と伸び、凛とした気持ちにさせてくれる。

様々なシーンで着物は自分と周囲の人々に心に華を添えてくれるでしょう。

きものの着方、きものの選び方、きものに関する相談や疑問を一緒に解決していきます。

きものを日常に加えることで、ときめきと高揚に溢れた日々の暮らし作りのお手伝いができると幸いです。

自分で着物が着られるようになるとおしゃれの幅もぐっと広がります。

着物アドバイザー・着付け講師の角田はるながお手伝いします

阿多星花( ATA SEIKA )

華道

湘南フラワーコーディネート 代表

資格:SFC 生け花上級講師、SFCフラワーデザイン上級講師、草月流生け花2級師範、韓国語通訳案内士

経歴:10 歳の頃より花を学び始める。神奈川県立湘南高等学校卒、東京外国語大学卒(朝鮮語専攻)、ソウル大学言語学科交換留学中に韓 国での指導経験有。伊勢丹や日本橋三越でのワークショップなど多数。ミキハウス子育て総研「輝くママ」12期生。

外国の方と関わることが多かったことから、お花を通して日本文化を大事にする、また発信することの必要性を感じ、外国人向け 華道体験などを開催。現在は韓国でもクラスを開講している。

華道の哲学をビジネスに活かす「マインドフルネス華道」を提唱。

藤沢本校、祐天寺校での指導にとどまらず、伊勢丹、三越などでもワークショップを多数開催し、広く一般の方にもお花を楽しん でいただく機会を提供し、人の心と生活を豊かに するため精力的に活動中。

優しく丁寧な指導に定評がある。

和文化を通して沢山の人に出会い、影響しあえる、NAGOMI HOUSEがそんな場でありたいです。

田中杏奈( TANAKA ANNA )

水引

1989年、兵庫県淡路島生まれ。元広告代理店勤務。一児の母。

幼いころから伝統文化や手仕事に興味があり、2016年、育休中に出会った水引の素材の美しさや結びの奥深さに惹かれ、創作活動をスタート。

活動をはじめて2年弱で書籍を出版。水引雑貨の企画・制作、webshopの運営、イベント出展、セレクトショップでの商品の販売を始め、企業とのコラボ商品開発、水引教室主宰等、幅広く活動中。

日本の素晴らしい手仕事や伝統文化、四季や人々の営みから生まれた習わしや年中行事を、より多くの方に知ってほしい、後世に繋いでいきたい、そんな思いで日々活動を行なっております。

由英( YUE )

和菓子

お寺に生まれ育ったわたしにとって、和菓子はいつも身近にある馴染み深いものでした。むしろ、身近過ぎて、小さい頃は和菓子って地味だな、逆にあまり食べれなく華やかな洋菓子の方がいい!と思っていた時期もありました。

しかし、海外で留学をした際に、和菓子の侘び寂びのアート感を改めて感じるとともに、素朴で飽きのこない和菓子が無性に食べたくなっている自分がいることに気づきました。

そして、そんな再確認した和菓子の魅力を、少しでも多くの方にお伝えしたい!と思い、和菓子職人になりました。

そんな一見地味な和菓子ですが、本格的な和菓子作りというものは、専門の道具が沢山必要になってきます。また、昔ながらの作り方を多用しますので、手間も相当にかかります。しかし、特別な道具などをあまり使わず、身近にある道具、材料で本格的な見た目と味の仕上がりの和菓子を作る事も可能なのです。

私の講座では、ご家庭にある調理器具とスーパーにある材料で、出来るだけ洗い物も少なく美味しくて美しい和菓子をお伝えする事をモットーとしております。これは、講座を受けられてお宅に戻られてからもまた作っていただけたら、という気持ちから来ております。

なので、お気軽に和菓子作りのはじめの一歩を歩んでくださると嬉しいです。

石川幸野( ISHIKAWA YUKINO )

和モダンハーバリウム

学生時代に華道 草月流、英国風フラワーアレンジメントのディプロマを取得。2017年ハーバリウム東京にてハーバリウム認定講師を取得。

 

子供の頃から母の影響もあり、花のある生活が当たり前、自身も華道、フラワーアレンジメントに親しんでおりました。

長い会社員生活にピリオドを打った昨年末に、改めて花という存在を考えてみました。

美しいばかりでなく、人の心を和ませ、癒す存在。そして、活け手、作り手の個性もあり、多勢で作れば楽しく、コミュニケーションも活性化する、と。

特にハーバリウムは、それらを手軽に体験できるのです。

こちらでは、特に和風にこだわった和モダンハーバリウムを老若男女、多くの皆様に楽しく経験していただくことで、その美しさはもちろん、和み、癒し、個性やコミュニケーションの大切さも感じていただければ嬉しいです。

今より尚、キラキラ輝く毎日を応援して参ります!

( MORI )

草木染め

草木染めの講師をしているというと、美大の出身ですか、染めの仕事をされているお家ですか、と聞かれることも多いのですが。

ごく普通の一般のうちで、20代は特に着物などにも興味なく過ごしていました。

30代後半にアンティークの着物が好きになり、着物博物館の館長と骨董市巡りを始めました。

昔の着物と出会うごとに、自然の生地の風合いや、色の鮮やかさ、配色に少しずつ興味を持っていたように思います。

ある日、偶然手にした 工芸雑誌【銀花】に載っていた、赤城の座繰り糸の輝きに強く惹かれ、群馬へ座繰り糸を学びに通うことになりました。

その後、まだ学び続けたいと考え、都内の大学博物館研究会に所属し、繭からの糸作り、草木染めを学びました。

2010年より依頼を受け、都内近郊で染めのワークショップ、展示を開催。

開催歴

2010.04
ギャラリーゆうど 【春の兆し】展示ワークショップ
2015.05
逗子スタジオ・オーク 展示ワークショップ
2015.10
渋谷東急東横店 展示販売
2015.11
京橋千疋屋ギャラリー参加展示
2017.03~
東京駒込妙義神社にて草木染めワークショップ
2019.10
九十九里 クラフトイベント【くらしずく 】にワークショップ担当で出展

その他、季節毎の天然染料染めWS展示などを開催。
現在、港区のセレクトショップ 「MINATO」にて、作品販売しております。
自然の染料から、鮮やかな色を染め、心穏やかになる色を伝えています。

伊藤眞理子( ITO MARIKO)

茶道

茶名:宗眞(SOSHIN) 裏千家師範

雅号:鳳翠(HOUSUI) 日本教育書道連盟師範

【経歴】

小田原の和菓子屋に生まれ育ち、長年、茶道・書道の研鑽を続けてまいりました。

また、外資系コンサルティングファームでは、ディレクターとして23年在籍しながら、日本文化を伝承する活動を続けてきました。現在は、事業承継に関するコンサルティングをする一般社団法人湘南MIRAI承継の理事長として活動中です。

裏千家では役員を歴任

・裏千家淡交会青年部 関東第三ブロック 副幹事長事務局長監事

・裏千家淡交会 鎌倉支部 副幹事

茶道や書道を通じて、通常のお稽古師範としてだけではなく、「大企業でのビジネス研修×茶道のコラボ」や、「鎌倉でのインバウント活動」にも携わっております。

茶道は「総合芸術」

お茶だけはなく、華道、書道、香道、着付、懐石、茶室建築、茶庭づくり、焼き物、竹細工、等々が繰り広げられる世界。

だからこそ、茶道のお稽古では、毎回、毎回が驚きの連続。

その一瞬は二度とない。『一期一会(いちごいちえ)』という気持ちを忘れずに。

そして、『日日是好日(にちにちこれこうじつ)』という精神でお稽古に取り組むことが茶道の醍醐味であるかもしれません。

しかしながら、日本文化は敷居高く、緊張しすぎては意味がないと思います。

日本文化はまずは「自分が楽しまなくちゃ」!

まずは是非、NAGOMI HOUSEに一度遊びに来てくださいませ。

成田美和(NARITA MIWA)

書道

●プロフィール●
東京都出身。一児の母。
自分自身が学びながら子どもには正しい文字を、
お母さん達には日常使える文字の書き方を中心にお伝えしています。
好きな物はネイル、フランスパン、back numberの曲。

・日本武道館書写書道 毛筆五段、硬筆四段取得
・日本書写毛筆技能検定二級
・日本書写硬筆技能検定二級

●経歴●
小学生の時に習字をはじめ、社会人、母になっても学び続けています。
子どもの就学を期に講師として書道教室を開講し4年目を迎えました。

●教室の雰囲気●
大人は上手くなりたいことや、
習字を習いたい動機に寄り添って課題を選びます。
教本を使用しての臨書を学ぶことも可能です。
毛筆、硬筆、筆ペンなど道具も希望を承ります。

小学生以上の学生は、基本的に習字です。
教本を使って毎月の課題を指導していきます。
課題を提出しながら昇級を目指します。
硬筆は希望がありましたら承ります。

村岡聖美(MURAOKA KIYOMI)

シテ方金春流能楽師
(公社)能楽協会会員
(公社)金春円満井会理事
み絲之會同人

1983年群馬県前橋市出身
國學院大學文学部日本文学科卒
80世宗家金春安明、山井綱雄に師事
平成14年 山井綱雄師に入門
平成17年 能「羽衣」にて初シテ
平成22年 能楽協会入会

現在までに「乱」「石橋」を披く

大学在学中にサークル活動を通じて能と出会い、
卒業後に能楽師の道を志す。

國學院大學金春会師範代、藤嶺学園藤沢中学校能楽講座の非常勤講師を勤める他、
フランス(パリ)、アメリカ(ニューヨーク)、
カナダ(バンクーバー、ビクトリア)などの海外公演にも参加。

また、女性能楽師とジャワ舞踊家のグループ「大地の舞」を結成。
身体表現を比較するワークショップなどを開催している。

平成28年、同じシテ方金春流の女性能楽師柏崎真由子と林美佐とともに
女性を中心とした演能会「み絲之會」を発会。
女性の能の未来を模索し、技芸の向上に励んでいる。

宗像拓樹(MUNEKATA TAKURO)

殺陣

武・舞・演に精通する殺陣師・サムライソードパフォーマー

日本大学芸術学部映画学科へ入学し、映画学科演技コースを専攻。

在学中には殺陣同志会に入会。

殺陣による舞台・ステージ・ツアー等にも参加し、パフォーマンスの基礎を身に着けた。

卒業後、8年間殺陣師に弟子入りし、信頼関係で成り立つ、「目・呼吸・関係性」にこだわった演技を体得、オーディエンスに伝える事を習得する。

29歳で独立しパフォーマンスチームを作成。

日本文化の精神を伝える事を目的に、【武・舞・演】 それぞれを統合・特化させる事ができるハイレベルな幅広い殺陣作品を研究した。

浅草公会堂・函館(五稜郭)・旭川(東川キトウシ森林公園)・根室(ニ・ホ・ロ)のホテルや高齢者施設等でも実演。

中でもツアー会社とのコラボリング企画で、通訳を交えて、ツアー参加外国人に対してインバウンドでの演技提供は好評をえた。

学生への芸術鑑賞体験にも力を入れ、千葉県柏の麗澤大学での学生に向け、演技と殺陣体験を提供。学生に対し日本文化の体験を行った。

さらに、国後島の島民であった祖父よりの縁で、北方四島とロシアとの交流に対する一つのコンテンツとして殺陣披露。

北方四島に住むロシアの方々との文化交流に貢献をした。

各活動を評価され、終戦の日・靖国神社での奉納演舞を行う。

英霊への感謝と、日本の今を考えるきっかけを作った。

現在も武・舞・演すべてを含め、指導・パフォーパンスや、応用力に優れた殺陣師として活動している。

榎本 妃奈子(ENOMOTO HINAKO)

茶道(表千家)

『わらいふ』代表

表千家茶道 『宗妃』

草月流華道 『妃純』

着付け

手作りの会

学生の頃はエジプトを始めとする古代文明や文化、そこからヨーロッパの文化が面白くてそういう本を読んだりその勉強ばかり。高校生の時にイギリスに語学研修に行ける機会があった時は、話に飛びつきました。

でもそこでガイドさんから、『ヨーロッパの国の人たちは自分の国の文化をとても大切にしていて、子供のうちから自分の国の文化を学ばせたり触れさせます。あなた達は日本の文化を話せますか?』と聞かれました。

私は何も話せないし、何もできない事が恥ずかしかったです。

それから茶道と華道を習い始めました。

初めは単なるお稽古事でしたが、『美味しいお茶を点てる』ことの奥にある、大和心の素晴らしさや奥ゆかしさがわかってくると、どんどんその魅力にハマっていって、これは日本人としてぜひ知って欲しい!と思うようになりました。

海外文化にハマっていたからこそ、日本文化の奥深さがより心に刺さったのだと思います。

ただ日本文化を学ぶというだけではなくて、茶道はお点前をする事で、いずまいを整え、揺るがない自分を作ります。

そして自分の心が整うと、他の人にも寛容になれて、いつも穏やかな気持ちでいられるようになります。

また、季節のうつろいが楽しくなって、豊かな日常に繋がります。

そんなステキな茶道の魅力をぜひお伝えしたいです。

森 梓紗(MORI AZUSA)

母の影響で9歳より箏を始める。
第25回賢順記念全国箏曲コンクール銀賞受賞。
令和元年度 宮田亮平奨学金受賞者。
第6回利根英法記念邦楽コンクール アンサンブル 一般の部 最優秀賞受賞。
安宅賞、同声会賞受賞。

テレビ朝日系「題名のない音楽会」、フジテレビ系「Vメシ!」、NHK「にっぽんの芸能」(冷水乃栄流作曲《脆性ノスタルジア》テレビ初放送)等メディア方面へも多数出演。

現代音楽の作曲家への新曲委嘱など箏曲の発展を目指した挑戦的な活動を進める一方、箏の魅力を知る音楽家として次代を担う子どもたちに向けた演奏・ワークショップ企画の展開まで幅広く活動している。
東京藝術大学音楽学部邦楽科現代箏曲専攻を第一期生として卒業し、現在、同大学 生田流箏曲研究科 修士課程在籍中 現在、沢井一恵氏に師事。
森梓紗HP https://www.azusaokoto.com

浅野 琳(ASANO RIN)

(リン)としたお姿で参りましょう

1996年 1月2日生まれ
鹿児島県出身

幼少期よりクラシックバレエを習う。
スポーツでは陸上、水泳を得意とする。高校入学後、モダンダンスを本格的に励む。

鹿児島純心女子高等学校 入学。
舞踊ダンス部へ所属。卒業後、東京へ上京。

日本女子体育大学 運動科学科 舞踊学専攻 へ進学。
全ジャンルのダンス舞踊、スポーツを学ぶ。

卒業後、TVメディアを中心にモデル・役者・舞踊家・和文化活動家・福祉運動活動家として活動。
高齢者の方々や、介護施設、障がいをお持ちの方々への、身体運動スポーツ活動講師も務める。

「ミス・ワールド日本2015年ファイナリスト」
「ミス・ワールド日本2017年ファイナリスト」
「日本フォーマルウエア文化普及協会コンテスト2021ミス着物部門  (現在 最終審査中) 」

着物着付け、茶道(表千家)を池田範子氏に師事。
お着物を着用して日頃より生活。
浮世絵の普及活動、三島由紀夫著書を愛読。

「和文化、福祉、そして芸能」
3つの活動を通して「古き良き」を発信して参りたい。

目標とする方は高倉健さん、岩下志麻さん。

南出 千賀子(MINAMIDE CHIKAKO)

新日本舞踊

創作新日本舞踊  琴ノ宮流 舞踊教室

【経歴】
・創作新日本舞踊 家元 琴ノ宮清賀(ことのみや せいか)
・和文化研究会 南出千会代表 南出千賀子(ミナミデ)
・かがや着プロジェクト主宰 輝付師 着付け技能士

【プロフィール】
仙台出身 和文化研究会 南出千会代表。
20代着付け技能士を取得、同時期に新日本舞踊を始める。
30代着付け企画会社に入り、実践着付技を習得する。
プロスクール着付学校講師中、着物を着られず、通過儀礼を知らない現実を知り、南出式着付教室を開催するために2008年独立する。

新日本舞踊は25年お稽古し、前流派、家元の推挙を賜り、2020年琴ノ宮流を起こし家元として活動を始める。
気品と自信が醸し出される着付けと日舞が身近なものになる新旧文化融合の講座を開催している。

活動は、熊野那智大社、熊野本宮大社で大鼓奉納着付担当。
2018年パリJapanエキスポにて舞と着付けで出演。
アートキモノの舞台演出。奉納や立志立命式の着付。
渋谷、八王子ライブハウス日舞を舞う。
2020年東京新聞主催名流祭出演。
各分野ステージの舞踊家としても活動する。

現代,氣ズム学園講師/JAPOベトナム向け日舞啓蒙担当/和のこころ着付日舞担当/新日本舞踊 琴ノ宮流 お稽古教室開催中。

お電話でお問い合わせ

03-4500-7140

受付時間: 平日 11:00 - 18:00

メールでお問い合わせ
お問い合わせ

アクセス

ACCESS

Loading
和家-NAGOMI HOUSE-

03-4500-7140

東急東横線「祐天寺駅」から徒歩5分

〒153-0065
東京都目黒区中町2丁目11-15

SNSでシェア

SHARE ON

   

日本文化体験施設『和家-NAGOMI HOUSE-』

日本文化の体験を通して心の豊かさや学びをお伝えします。

© nagomihouse.jp.